2012年2月 5日 (日)

ソーセージメーカー DK524

件のミンサーは注文致しました。

数日で届くのでしょう。

煮た豆がにゅるにゅると挽かれて出てくることを想像すると、楽しみでなりません。

で、これは、今お財布の中が大変に乏しいので、あくまでも自分用の覚え書きなのですが、ソーセージメーカーです。ミンサーと同じく貝印さん。

これと、腸の塩漬けなどを買うとおおよそ7000円前後の初期投資。

腸は毎回必要ですが、機械代を償却???してゆくとしても、数回はかなり高いソーセージになりそうです。お仕事面うまくいって、もう少しゆとりが出てきたら、ぜひやってみたいものです。

結局のところ、いろんなものが巡り巡って、一周するのがこの辺り、でしょうか?

ハーブ、燻製→ソーセージ。

ハーブの地産地消について、ゆったりとした螺旋を描いて進んでゆくのでした。

"ソーセージ メーカーセット レシピ付 DK-524" (貝印産業)

"遊び尽くし 手づくりハム・ソーセージ (Cooking & home made―遊び尽くし)" (松尾 尚之)

今は、山の方にある人の家や、オンシーズンの畑で、段ボールでやっていますが、これなら家でも出来るのかな?

フライパンでキッチンでやる人もいますから出来ないことはないと思いますが、やはり、毎日スモークの香りあっても平気な人でないとちょっと厳しいかな?

スーツから、スモークの香り、、、、、なんて感じになると思うので。

"THERMOS 保温燻製器 イージースモーカー ブラック RPD-13 BK" (THERMOS (サーモス))

2012年2月 4日 (土)

ミンサー

本当に寒い日が続いている札幌です。

麹をたてるには、我が家は暖房費をケチりすぎているので、いまいち寒いです。

しかし、麹がなんとかなっているのなら、味噌を作るにはいい時期です。

まだストックがある状態で作り続ければ、だんだん古いのを食べることが出来るようになります。梅干しにせよみそにせよ。これは作った人だけ。

平日日中はいませんが、ちょっとスケジュール繰りして、やってみましょう。

前回は、豆を潰すのに、マッシャーかフープロかで迷ったのですが、フープロに。素晴らしいパワーなんですが、この手の大量のものをつぶさに、というのには向いていないみたい。私が?機械が?分かりません。

結局、潰しきれないものが混じってしまい、自家使用には問題ありませんが、みそ汁に豆の姿が、ちらほら。

今年は、もう一歩進んだ保存食。ソーセージへの意欲も微妙にあるので、ミンサー検討です。検討している時に、アマゾンギフト券がわいてでたので、多分購入です。安くて、評判もマーマーです。この会社も手を広げすぎていないので、何となく信頼できる感じがします。購入して使ったら、またレポート致します。

"ヘルシーミンサー DK-0580" (貝印)

合間に準備しておくものは、餅米の購入(1キロ)、大豆の購入(あ、でも、大豆にするか??)、発泡スチロールの箱(お風呂に浮かべて、麹の保温)、塩沢山、です。乾燥麹を買ってきてもいいのですが、ちょっと高くつくのと、家にはまだ麹菌の種菌の袋が。。。早く使い切ってくださいと書いてはありましたが、使用量を調節することで、多分いけると思っているんですが。如何なものでしょう。

2011年10月22日 (土)

カボチャ三種類

久々に畑に行って、穫って来ました。風景は、すっかり秋の装いで、空気も気持ちよいほどにすみ、山は黄金色。

昨秋のにわか雪で倒れた偽アカシアに這わせたカボチャ、ピーナッツと恵比寿(?)。

裏のおしゃれ八百屋で買ったカボチャの子供です(またしても。。。。笑)

早速晩ご飯に蒸してバターと塩こしょうでいただきました。味は淡白ですが、甘くて瑞々しい。蒸かした残りは、ミキサーにかけ、今晩のスープです。
butter peanut pumpkin

空中カボチャ良いです。来年も何かの木にはわせようっと。
ebis pumpkin

これは前回写真を撮っただけのそうめんカボチャ。

今回は実を回収して来ました。家の中に置き場所がなくて車のトランクに入っていますので、忘れないように!!!
P1240894.JPG

2011年9月15日 (木)

燻製しにいってきました(現実逃避)

やらなければならないことが手に付かないので、自分ミーティングタイムとして。

クマの情報もある中ではありますが、からんからんとやかましい鐘を腰につけて、畑の見回り&燻製にいってきました。

さおととい塩漬けにした豚バラの棒。

翌日8時間お水につけて塩だし、翌々日は風乾。

本日は朝からゆで卵を作り、いってきました。

まず、(いつも本格的に煙が上がるまで苦労しますが)煙を立て、箱に食べ物を並べ、空気の流れが出来るように、でもふたはして、その後は畑のみまわり。

本当は縦長くした方が良いのですが、今日ホーマックで買った網の大きさを間違え、この向きしか出来なくなってしまいました。欲張らず小さい網にすれば良かった。

坂道でやったので、蚊取り線香の箱をしいて平行に。
P1240881.JPG

畑の野草を楽しむ会(仮称)に入会。

入会資格は十分。
P1240882.JPG

お、草の中に赤いものがちらほら。近寄ると結構な数。
P1240883.JPG

ジャーン、いちごトマトでした。

P1240885.JPG

ベルギーエシャロット、掘り出しました。まだ早かったかな。なんぼかは家のベランダに埋め戻そう。

P1240889.JPG

大きなフェンネルが倒れつつも花を咲かせ、種を振りまいていました。
P1240890.JPG

葉からも花からも甘い香りが立ち上っています。そのせいか、驚くほどたくさんの種類の虫たちがここには集っています。見ているうちにもどんどん新しい虫が来るので、さしずめ、虫のカフェ、といったところでしょうか。楽しい。
P1240892.JPG

草刈りをすると、ジャングルと化した草むらから、南瓜たちの姿が現れました。

これは、金糸(または、そうめん)カボチャです。

輪切りにして大鍋の湯で湯がくと、繊維状にほどけてきて、名前の通り、金色の糸のようになります。そうめんつゆなどでサラダ感覚で頂きます。

P1240894.JPG

昨年の初雪で、半分倒れているアカシアの始末も出来ず、お隣にご不便をかけているのが気になっている今年です。ようやく、枝切り用ののこぎりを買いましたので、もうすぐやりますね。

これは、その倒れアカシアに這い登っているつるの奥に見つけた南瓜。裏のオシャレ八百屋さんで買った、ピーナッツ南瓜です。これでスープ用も確保。まだこれからみたいで、花も咲かせています。小さい実も見つけました。がんばれ〜
P1240897.JPG

その頃、燻製箱は。
P1240900.JPG

再び、見回りに戻ったわたしの目に入ったのは、そろそろ準備ができているこの人たち。花がたくさん咲いていた感じがしなかったのですが、ぼちぼち、付いています。黒くなったところを摘んで、ジャムにでも。
P1240902.JPG

サルなしの実の固さチェック。まだ、固いので、待ちましょう。子供に穫らせたいな、と思っています。

P1240905.JPG

足下に目を移せば、小人のお友達。

P1240909.JPG

たくさんではありませんが、お豆もなっていました。
P1240915.JPG

先ほどのツタンカーメンの豆はつるですが、地面の方には、あれ?これは千石黒大豆かな?何かなっていました。

P1240918.JPG

可愛らしい花も咲いています。スミマセン、名前はあとで調べます。カモミールとは葉っぱが違うし。
P1240920.JPG

そうこうしているうちに、軽〜く燻製が出来ていました。そこそこで、仕舞って家に帰りましょう。薄切りにしてパンに挟んだり、あれこれ便利に使えます。チーズの塊をやるのもソーグッドですが、用意間に合いませんでした。次回は、チーズ、&鮭半身。

P1240924.JPG

家に帰ってから、ぱちっと一枚。

枝に二粒だけ残っていたブルーベリー、参加。

蕗みたいに見えるのは、季節外れでしたが、ちょっと穫ってきたルバーブ。ジャムにでも。大黄なので、たくさん食べるとお腹ユルくなりますよ。
P1240933.JPG

本日のベランダ収穫

P1240846.JPG

お茄子、スープセロリ、紫インゲン、ミニトマト、ピーマン。

P1240847.JPG

不要になった押し入れひきだしケースの中に生やしていたジャガイモ。

裏のスーパーで買ったけれど、芽が出てしまったものが種芋。

P1240848.JPG

そんなわけで、晩ご飯は塩ゆでのジャガイモに、先日作ったバジルソースをからめて!

ジャガバタにしたかった子供が、切れ込みをつくってちいさなバターも埋めました。

美味しかったです。

ミニトマトに、スープセロリと、塩こしょう、イカを加えてスープに。先日来のトマト収穫も加えたので、たっぷり。味もたっぷりあって、ほっとします。

全部は無理ですが、少しずつでも作ったお野菜が食卓に上がってくること、家族に食べさせられること、嬉しいことだと思います。

画面には映っていませんが、ひと掴みもふた掴みもしその葉を穫りましたので、紫蘇味噌を作っておこうと思います。

2011年8月23日 (火)

ベランダジャガイモ

窓の外の、不要になった押し入れケースひきだしプランターには、もりもりと育った緑のジャガイモ。

と思っていたら、最近茎が寝てきました。

ちびと試しにひと掘り、ふた掘りしてみたところ、ぽろぽろとジャガイモが出てきました。

全部掘り返したい衝動に駆られたのですが、お姉さんが帰ってくるまでと、ちびと二人で我慢。

結局、まだ今日までのところ掘り返していないのですが、掘った分だけ塩ゆでにしてみました。

天にも昇る心持ち、大げさですね、でも美味しかった〜〜〜

種類はよくわかりませんが、冷蔵庫で芽が出たものだと思います。


P1240561.JPG


P1240562.JPG

きれいに撮ると、立派に見えますねぇ〜(笑)

2011年5月 1日 (日)

畑の初日

ちびこの家庭訪問のあとに学童へお迎え、その後ちょろっと畑の様子を見に行きました。

まだ雪は残っていましたが、心うきうき、わくわく。

土が出てくると、この浮き立つ心、木の芽どきでしょうか、ちょっとした病気だと思いますが、楽しみな季節、スタート!です。
P1230227.JPG


P1230228.JPG


P1230230.JPG

晩ご飯では、蕗の薹の天ぷらをしました。子供たちにはちょっと苦かったようですが、ほっとする味です。
P1230231.JPG



2011年3月 3日 (木)

気になっている本

先日、本屋さんで見かけた本を、備忘録としてのせておきます。

snsのプチ自給自足のコミュにも、最近話題が出ているのですが。。。。

ミツバチ気になります(笑)

手づくりコスメの蜜蝋なども、自分の家で採れちゃう!?

"だれでも飼える日本ミツバチ―現代式縦型巣箱でらくらく採蜜" (藤原 誠太)

"日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)" (藤原 誠太, 村上 正)

まぁ、一筋縄ではなく、今年こそは井戸を掘り進めなくてはいけないので、ミツバチの方へ進んでは行けないと思いますから。

各方面、ご安心ください。

2010年9月27日 (月)

はと麦とジャム

昨日行ったときに、子供たちにはと麦を刈ってもらいました。お茶にするまでにどんな風に、と言うのは、あと付けですが、これから調べます。例えば、こちらなども、すごいなぁ。

また、二人にはブラックベリーも摘んでもらいましたので、家に帰ってからは以前からのストックとルバーブを合わせて、お砂糖をかけておきました。明日ジュースが出ていたら、ちょっとだけ煮て瓶詰めします。

ーー翌朝(リンゴも少々加えて煮ました)ーーーーーーーーーーーーーーーー

これが出来上がり。朝でかけの前に煮て煮沸した瓶に入れるという離れ業につき、裏ごしはしていません。まぁ、忙しくなかったとしても、気が向かなかったら、とらないと思いますが。。種嫌いな人とか、お年寄り向けなら、裏ごしします。

ハーブやスパイス入りのも作ってみたいけれど、ちょっと勇気が要ります。使途も汎用じゃなくなっちゃうような気がしますし。

P1200918.JPG

ジャムの向こうは、トマト、下の畑のおじさんがくれたプルーン(完熟待ち)、じゃりみち展でお友達がくれたお花。

2010年9月24日 (金)

ベランダ、晩秋

お茄子など、小さな実がつき始めていて、まだこれから生るものもありますが、全体的には収束方向です。

お米は全くダメでした。また来年。

今朝はこれぐらい。

ちょっと、つまむ分には、助かります。
P1200903.JPG

家の中に鉢を取り込むスペースがないので、冬越しのものは畑に持ってゆくことになります。

大通の花フェスで子供に買ってもらった、「幻の!白苺」は、ランナーを沢山出して、行き先を探しているので、そろそろお手伝いしてあげないと。稲をおしまいにすれば、トロ箱スペースなどが空きますから、そこにでも。

畑の方では、苺のベッドは今年も作れなかったけど、来年はぜひ。

野菜と隣り合わせだと、どうしてもまぎれてくるので(大根苗を植えるときにも、あっごめん、と言うことありました)、一度仕切り直しをしてあげたいと思っています。

より以前の記事一覧