2014年11月13日 (木)

すごいですね。

種まき始めますと書いていたのに、気づけば、今日は雪が降っています。

何もしなかったと言うほどしなかった訳でもありませんが、ともあれ、あっという間に冬です。

途中のレポは少なかったものの、PC環境が良くなかったことと、フェイスブックを使い始めたら、ちょっと便利だったので、そちらばかりになってしまっていました。

なるべくはこちらに書いて、リンク貼るようにはしたいのですが。

冬の間に記事の移行が出来れば、頑張ってみます

2012年2月10日 (金)

覚え書き

まだまだ、雪の下の当地ですが、春になれば、木の芽もほどけ、ことり歌うことでしょう。

先日、マイナス二桁のとても寒い日に、町の方へぐんぐんと歩いていましたら、見上げた裸木の枝先にくっついた芽のふっくらと豊かなこと。

寒さにばかり気を取られていたので、ちょっと不意打ちだったのですが、本当に可愛らしい。

心の中に、あたたかな小さな灯がともったような気がしました。

また、春になったら、いろいろしたいことあるな。

今年はちょっと身辺落ち着かない予想ですが、紙とペンを広げることぐらいはあるでしょう。

私の教科書はこちらです。

上娘がちいさい時に、一緒に描こうと思って買いました。

"木をかこう (至光社国際版絵本)" (ブルーノ・ムナーリ)

教習本は世に山ほど出ていますが、ちょっと良さそうな本も見つけましたので、覚え書きとして。

drawing trees

2010年4月19日 (月)

簡易ビニールハウス

ベランダに置いているのですが、先日の大風の日に、早朝はっと起きたときにはビニールがありませんでした。ホーマッ○に行っても置いていなかったのですが、お店のお兄さんのアドバイスで、東雁来か元江別にはグリーンのコーナーが通年で置いてあると思うので行ってみれば?、とのこと。

土曜日の夜に家族で(行きたかったのは多分私だけでしょうけれど)行ってきました。結局、通年では置いていなくて、秋に入るものらしいことがわかりました。撮っていった写メなどからメーカー、型番が特定できたので、春にもとれるのか聞いてもらうことになりました。北海道は寒いので、冬に鉢物を家の中に取り込みます。そのための季節商品の扱いでした。私は、家に鉢は入れませんが、春先の種まきのあとの苗を入れる温室代わりにしておきたいので、そもそもシーズンがずれていたのですね。。。すごく安く買いましたもの。

月曜にお返事いただけるようです。沢山でないと卸されないのであれば、ちょっとしんどいところです。なにとぞ、なにとぞ。

2010年4月14日 (水)

雪です。

昨日は、春の嵐???ともかくひどい暴風雨でした。

今朝は、窓をアケーレバー、大雪。

4月中旬ってのに、まあまあ、思い切り冬ですね。

畑プランニング(妄想)に精を出しましょう。


P1180829.JPG

↑仕事中に。


P1180826.JPG

↑出勤途中に。

2010年1月 8日 (金)

今年もよろしくお願い致します。

初雪以来の書き込みです(^_^;)

今年も、みんな元気で、農作業(?)。いろんなおいしいものに出会えると嬉しいです!

新年過ぎてからの動きとしましては。。。。。。。

昨年、チャンスを逃した洋梨、クコ、棗の苗をお願いしました。洋梨は、とても種類がたくさんあるので、迷いに迷いましたが、デュ・コミスとラ・フランス(黄色)にしました。いつかなるんでしょうか!?ジャムにでもなることがあれば幸せ、幸せ。

木の仕立て方などは、まだまだ未知の世界なので、各方面に教えを乞いながらと言うことになります。ただ、先日読んだリンゴ農家さんの記事で、ちょっと心に残るのがありましたので、その方向で。木の仕立てを低く。脚立を使わなくても、作業の出来る高さに。バリアフリーな木とでも言ったらよいでしょうか?何でも人間の方に寄せてよせて、と言うのはどうかとも思いますが、同じ畑が使えるのなら、多少年をとっても遊びたいなと思っていますので。

そのほか今年は、雑穀系と、バケツ稲系とかも種の用意を考えていますが、何しろ部屋で蒔くとしても種まきはまだ3ヶ月も後。ゆっくりワクドキで考えたいと思います。

今年の目当てとしまして。

平日は家でできること、週末の一日ないしは半日を外での作業に、ということになりますので、平日朝の動きを大事にしたいと思います。

でも、芽が出たのやら、花が咲いたのやらと、朝眺めていると、あっという間に時間が経ちますので、子供を起こすのが遅くならないように!

2009年6月15日 (月)

6月備忘録

20センチ直径の塩ビニパイプ。

井戸穴を突くための金属パイプ。

ついでに、サルナシの棚のためのパイプ。

オクラ、モロヘイヤ、トウモロコシの種まきの続き。

去年見事に失敗した赤紫蘇。

ベランダに残っている、瓜系の苗を植える。

絡ませるところを考える。

まだ、寒い6月。お盆過ぎには涼風の吹く当地。今年は如何なことになるやら。

サンデーなんとか故に、歩みは遅々たるものですが、来年に結びつくことであればそれでよし、としましょう。


P1150745.JPG

近所の公園の池。

実家の庭にはこんな色のアヤメが自生していた。好きだったけれど、子供心には、色がたくさん入っているので、シャガの方が高級ではないかと思っていました。母はあまり好きではなかったのかもしれません。いけるかと思って持ち込み、陰気だといわれたことがあるような気がします。

2008年12月29日 (月)

冬眠中

畑は、ここ数日の大雪で、きっと真っ白になったことでしょう。
雪の前に、子供たちが埋めて来た球根は、こんこんと眠っているでしょうか。
何の夢を見ているんだろっかね。

来年こそは、井戸を掘ろう。
来年こそは、作業小屋を建てよう。

今年植えた木が来年大きくなりますように。
野菜が沢山なりますように。
実がなりますように。
それを食べて、皆がいい気持ちになれますように。

畑からの作り物がもう一歩進みますように。
それを使って、もう一息みんなの気持ちが緩みますように。

欲張っています。
だから、体もよく冬の間過ごせますように。









2008年4月30日 (水)

畑の名前

上娘といろいろ思案中です。

版画サイトのカテゴリーの一つにすると、多岐にわたるため、別ブログにしようと思っています。
と、ここまでは以前書かせて頂いたとおり。

ブログのタイトルなどにする、畑の名前を、、、といったところで夢想家の二人で抱え込んで進行ストップ。
娘は、友達にも案を聞いてきたり、この件についてはなかなか積極的(^_^)。
今日も、小鳥の声をおいながら、何か一つ思いついたようです。

こどもたちの考えつく言葉って、面白いので楽しみにしています。

夜、下の娘がお店やさんごっこ。
「つぶおかね、お願いしま〜す」